本年度クラブ活動方針

2017 - 2018年度 会長 工藤真人

会長 工藤真人

本年度クラブテーマ「基本に帰ろう」

本年度RI会長 イアン・H・S・ライズリー氏のテーマは、『ロータリー:変化をもたらす』です。このテーマを本年度当地区ガバナー佐々木千佳子氏は次のように説明しています。『奉仕を通じて人々の人生に変化をもたらすことが出来ます。私たちの活動が、誰かの人生をよりよくしています。さらに、ロータリアンである私たちは、ロータリーを通じて「変化」します。私たちは「ロータリーの目的」を礎とした基本理念に従うことで人として成長します。ロータリーが変化をもたらしているからこそ、世界が寄りよい場所となる』

また、RI会長 イアン・H・S・ライズリー氏は、2017~2018年度の目標に3つの優先重点項目を揚げています。
1、 クラブのサポートと強化
2、 人道的奉仕の重点化と増加
3、 ロータリー公共イメージと認知度の向上

当地区ガバナー佐々木千佳子氏は、地区のテーマとして『Let‘s Take Action! 行動に移そう!』を揚げています。このテーマの趣旨は、『ロータリアンは行動する人です。私たちロータリアンが、リーダーシップを発揮し、行動することで困っている人々を助け、地域を良くし、世界をよくすることにつながります。あなたの心の中にある思い、考えを行動に移す』というものです。

今年度の大きな目標としてRI会長賞の獲得と会員数において2830地区ナンバーワンを目指したいと思います。そこで、3年後青森RCから沼田ガバナーを輩出するに当たり、クラブ会長テーマを『基本に帰ろう』と決定しました。
では基本とは何か。これはロータリーの基本を意味しています。ロータリーの基本とは、クラブ細則にもあるように決議23-34を堅持し、尊重するということです。
その第1条では、ロータリーの基本理念が『最もよく奉仕する者、最も多く報いられる』という標語にも表される科学的かつ道徳的な経営方針によって事業や同業者の事業の発展を計るとともに業界全体のモラルを高めていこうという『超我の奉仕』の哲学、すなわち他人のことを思いやり、他人のために尽くそうという国際社会を含む奉仕活動の根本原理であるということが明確に定義されています。
これらのことを基本とし、会員がロータリーを再確認しかつ入会間もない会員のかたもロータリーの理解を深め、活動に積極的に参加できる環境づくりを行い、楽しめるクラブを目指します。
また、今年度から戦略計画委員会を立ち上げます。ロータリー年度は基本的に単年度ですが、グラブの3~5年先を見据え、クラブの現状分析、ビジョンの作成及び実現に向けての優先事項の設定など、沼田ガバナー年度の件なども含め今後の議論をもとに進化させていきたいと思います。
国立療養所 松ヶ丘保養園の植樹事業も継続していくべき事業の一つと考えています。
姉妹クラブに関しては、今年度は京都南RCに来年6月公式訪問する予定です。函館RCは来年4月に来青の予定です。尚いっそう、絆が深まるようにしたいと思います。

最後になりますが、会員の皆様と一緒に楽しいクラブにしたいと思っていますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

会長 工藤 真人

副会長 木村義正

副会長 木村義正

副会長 蝦名文昭

副会長 蝦名文昭

幹事 佐藤健一

幹事 佐藤健一

会計 相徳公正

会計 相徳公正

会場監督 福士盛大

会場監督 福士盛大

ガバナーノミニー 沼田 廣